生き方を考えるブログ

社会になじめないので旅をしながらなんとか生きてる人のブログです。

置かれた場所でミントになりなさい的な思考回路

仕事飽きたなー人生面白くないなーなんて思った3年前

とりあえずやめて良かったと思います。

 

 

ikikatasagashi.hatenadiary.jp

 

 

しかし1周回ってフリーランスをやめて経営してた事業は手放して勤め人に戻る(笑)

 

 

向き不向きとか自分の器にあったステージとか色々考慮した結果、そういう生き方をしているんですが何が良いか悪いか答えはないんだなというお話。本当に人それぞれ。

 

 

軌道に乗って年商100億!とかまで行ってたら起業家路線で行くのもアリですが

年商5000万〜1億程度の仕事であれば大したことはないのでもう一度修行です。

 

 

利益でそれくらい出せてたら良かったんですけどね!

 

 

そんなこんなで20代の中盤に安定した地位を捨てて、山あり谷ありな道に進んだわけです。これは多くの人にない経験ができたということで、しばらくの間セールスポイントになると思います。

 

 

会社で勤めていて、楽しかったことや恵まれていたこともやめてからたくさん気がついたような気がする。自分でフリーランスとして始めたときの良かったこともたくさん学んだ。フリーランス始めたての頃はブログに残してたけど勢いがある(笑)従業員を雇うようにしてからは、より一層仕事に対する考え方も変わった。そして仕事を得るということは簡単なように見えて簡単なんだけれども、「儲かる仕事」を「継続的に」できるかというと僕の力ではまだ足りなかったようだ。

 

 

その足りなかった能力をつけるために働く場所がすぐさま見つかるあたりは本当に恵まれていて周りの人たちに感謝をして生きていかないといけないわけです。

 

 

そんな近況報告はさておき(笑)

 

 

ある意味いろんな立場を小規模だったり大規模だったり、様々な角度から仕事を経験して言えることは、「今目の前にあることをどうやって良い方向に持っていくか」これに尽きる気がする。

 

 

ふわふわしてた時代であれば今目の前にあることではなくちょっと先のことを意識したりして結局何もしてなかったみたいなことが多々あったような気がする。

 

 

最近もネットで知り合った人が将来のためによくわからないビジネス始めたんです〜って言ってたんですけど、目の前の仕事をしっかりやればよくないかと。サイドビジネスは作るに越したことはないですが中身のない人から生まれるビジネスほど粗悪なものはないと個人的に思っているので(過去の反省も踏まえて)日々勉強だな〜って。

 

 

もちろん、人生設計を立てるのも大事だし必要なことだけれども、目の前のことをおろそかにしていたらそもそも先はないよねって話。

経営者であれば先の先まで見えてないと話にならないけれども労働者であるときは目の前の仕事のクオリティを高める。これが一番大切なことのように思える。

 

 

まさに置かれた場所で咲きなさい的な感じですが、タイトルをミントにしたのはミントってめちゃくちゃ繁殖力強いらしいんで、ミントのごとくその場所を自分の場所にしていく気概で生きてみようかななんて思いました。

 

 

昔、本当にムカつく人がいたときにどういう嫌がらせをしようかネットで調べたときに庭にミントを植えるって書いてあったのがミントの繁殖力を知ったきっかけです。やることは地味だが派手にえぐい。良い子のみんなはイタズラはダメだぞ!