オオツルと遊牧生活

社会になじめないので旅をしながらなんとか生きてる人のブログです。

忙しい時間からの気づき

忙しい≠お金を稼ぐ

 

11月はかなり忙しく動いてみました。

たぶん車の走行距離は5000キロ以上。

 

 

いろんなとこにいって、いろんなものを食べたなぁーって感じですがたぶん名古屋に行った帰りがけのひつまぶしが1番美味しかったような気がする。お高いしね。

 

 

f:id:tsuru-52:20181127150837j:image

 

 

https://www.instagram.com/p/BqTq7wVnMDW/

上ひつまぶし名古屋からの帰り道の晩ごはん香ばしいうなぎの香りがたまらんですね。美味しかったです。#ひつまぶし備長 #ひつまぶし #櫃まぶし #うなぎ茶漬け #名古屋めし #漬物 #名古屋 #ナゴヤメシ #愛知 #ひまつぶし #美味しい #nagoya #nagoyafood #hitsumabushi #aichi #japan #japanesefood 余談ですが、帰路の途中で抹茶ピーナツパンを食べたのですが、夢にまで出てくる味わいでした。見つけた方はお試しアレ。

 

 

所々遊びがてらお仕事をしている時もありましたが、基本的には何かしら仕事をしてたここまでの11月です。

 

 

僕は残念ながら正社員的な感じではなくて、業務委託の仕事をしたり、自分で利益を作る仕事をしないといけない個人事業主なので生きるために必要なお金は稼がないといけないのです。

 

 

動けば動くだけお金は手に入ることは再確認できたので、あとはいかに効率よく生活に必要なお金を作れるかを考えていきたいですね。

 

 

あとは、単価が安い仕事を受けすぎたかなぁという反省もあります。

 

 

 

 

会社辞めた直後に知り合いから仕事をもらったのであまり考えずにOKしたけど、冷静に考えると思考停止でお付き合いをしてしまうと自分の首を締めるだけやなぁと。

 

 

流石に自分で動いている分、某所で正社員的なことをしてた時の倍は稼げましたがもう少し余裕が欲しいので頑張ります。

 

 

12月のテーマは選択と集中です。

 

 

deadlineを知る

 

 

忙しいというワードは人によって好きな人もいれば拒絶反応を起こす人もいます。

 

 

僕は忙しい状態が嫌いです。

 

 

でも、わざと忙しい状態を作りました。

自分がどこまで動けるかの確認作業です。

 

 

似たようなことを一回やったことがありまして。僕が大学生だった時に、どれくらい働けるかを確認をしました。

 

バイトを4つくらい手に入れて6時から24時まで働き詰めができるようにスケジュールを組みつつ授業に行ってた時期があるんですけど、その生活でおおよそ30万円くらい稼げて3ヶ月目でインフルエンザになりました。

 

全部アルバイトだったのですが、飲食店や営業のバイトです。稼いでも疲労が恐ろしかったのでアルコールと整体が必須アイテムでした。

 

 

お金があってもどんどん使うね。

 

 

ただ、もともと就職とかは面倒だなぁと思ったのでこういう稼ぎ方もあるんだなぁ(でも身体がもたないからやめとこう)となって普通に就職したわけです。

 

 

なので21歳の頃の僕は移動時間いれて1日18時間程度ならば3ヶ月は頑張れるという体験を手に入れたわけです。

 

 

流石に当時と比べると僕も体力や気力が変化しているので同じことはできないと思うし、身体を壊すと余計な出費が出るのが嫌なので今月はほどほどに忙しくしてみました。

 

 

長距離ドライブやら、24時間以上作業するとか、1日に4つくらいの仕事をいれるとか。

 

 

まぁ適当に依頼された仕事ぶっ込んでしまえ!とやってみたけど20日すぎたあたりからアホらしくなってきたので仕事は本当に選択していかねばならないなと思いました。

 

 

ちなみに幸いなことにストレスで胃腸が荒れる以外は元気です。そんなに忙しくなかった岡山サラリーマン時代の方が体調悪かったですねw

 

 

時間をどう使うか

 

 

結局のところ11月に入ってそれなりに激しく動いても体調が大丈夫なのは、基本的に嫌いなことをしないようにしてたからかもしれません。 

 

 

新卒の営業マン時代と比べても段違いなほど暇だった岡山の生活も結局体調がよろしくなかったのはストレスが原因だったんだなぁーと。(笑)

 

 

せっかく生きているのだから、しっかりと睡眠をとって起きてる時は楽しく生活したいなとより強く思った11月の生活でした。

 

 

 

 

ちなみに先月中頃から家を空けすぎて光熱費がよくわからないことに。空き巣はやめてね。