オオツルと遊牧生活

社会になじめないので旅をしながらなんとか生きてる人のブログです。

おまえはピカソになるんだという話

お前は今日からピカソになれ

 

 

 

 

 

 

桜散る前夜に男二人で酒飲みしてました。

普通に友達なんですけど、

僕より年下で今年大学を卒業して

就職せずに自分で稼ぐと決めて実行している

ポテンシャルの高い人なんですけど

話をするとやっぱりおもろい。

 

 

ゴーヤが嫌いらしくてゴーヤチャンプル食べれないとか

そういう面白さはあるんですけど

大学卒業して適当に会社入った僕からすれば

大学生の時から自分でいろいろ考えて

結果を出しつつ自分で道を開いていけるって

かなりすごいことだと思うんです。

 

 

そんな友達がなんか面白い話をしてて。

 

 

 

ピカソになったほうが良いよ

 

 

なんて言い始めるわけです。

 

f:id:tsuru-52:20180405120344j:plain

 

 

 

ン、ピカソ?絵描きにでもなれってか?

ベレー帽かぶって見た目だけ漫画家みたいなオオツル的には

 

 

「よ~し絵をかいてみるぞ!」

 

 

なんてちょこっと思ったりもしましたが

そこはまた話がずれてくるのでおいておいて。

 

 

有名な画家であるゴッホとピカソの違いって

なんだと思います??

 

 

ってとこから話が始まってくるわけですが

 

 

ゴッホは死んでから有名になった人で、
ピカソは生きている間に有名になって
大金持ちになった人です。

そしてゴッホは作品数が
少ないことで有名で、
ピカソは作品数がめちゃくちゃ
多いことで有名です。

ここで、僕がアナタに
聞きたいのですが、

アナタは死んだ後に有名に
なりたいですか?」

ということです。

 

 

なるほどでございます。

確かに死後、自分の活動が評価される

なんてことは素晴らしいですが

せっかくならば生きているうちに

価値を残しておきたい。

 

 

で、ピカソが生きているうちから

有名になれたかという秘密は意外と単純で

数をこなしていたからだとか。

 

 

ピカソは作品が多いことで有名だと
話しましたが、彼の発言に

「俺の絵は日記みたいなものだから。
今の俺の実力が最大限
出し切れたらそれでいい。」

というものがあります。

つまり彼は、
”今描く絵よりも1年後に描く絵の方が上手い”
ということをわかっていたのです。

だから、とにかくクイック&ダーティに、
多くの絵を描き続けて
絵の実力を上達させていったのです。

そして単純に作品数も多いので
世間に認知されてお金持ちに
なることができたんですね。

 

 

で、ピカソになれと。

 

 

とにかく素早く手を動かし続けて

多少雑でもいいからどんどん経験を重ねていこう

下手くそが丁寧にやるよりも

数をこなして経験値をあげていこう

 

 

何をするにも通じるな~と。

 

 

似たような話を

自分がすごいなーと思っている何人かの人たちも

最初は数をこなせという話をしたり

やりながら修正していけという話は聞いているので

 

 

Quick and Dirty

 

 

そんな感じで生きていけたら良いなと。

 

 

 

ということで勉強になりました。

割と引きこもりがちなので

たまに外に出て飲んだりするっていいすね~

 

 

 

あ、彼が話していたことは

本人のブログに大体書いてあったので

詳しくはそれ見といてください(笑)

 

 

idaten8.com