オオツルと遊牧生活

社会になじめないので旅をしながらなんとか生きてる人のブログです。

ちょっとだけリスクを取り続ける

f:id:tsuru-52:20180402044957j:image

 

 

先日焼肉をしたんですけど、

焼きおにぎりがとても美味しかったです。

 

ちょっと焦げ目をつけると化けますね。 

 白米おにぎりでも十分美味しいけれども

ちょっとした工程を加えるだけで

さらに味わい深くなります。

 

こんな感じの発見は

生活の中で沢山見つけることができます。

 

ただ、おにぎりを焼くことができる

という発見に辿り着かないと

焼きおにぎりの美味しさは味わえないわけです。

 

 

おにぎりは海苔を巻いて食べるものだ

という固定観念があると、

おにぎりなんてそのまま食えばええやん

となります。

 

 

タレをつけて焼こうなんて微塵と思わないはず。

 

 

でもこれって日常生活の中で陥りやすい罠でもあって、現状がそこそこ上手くいっているとあえて新しいものに変えて行く必要がないので冒険をしにくくなります。もしかするともっと面白いものがその先にあったりするのに。

 

 

白米おにぎりを焼くことによって焦がして食べることができなくなるリスクもあります。

ただ、そのリスクを選択したからこそ美味しいものに辿り着けるのです。

 

 

みたいなことを小難しく考えているんですけど

この辺りの話っていろんな話に通ずるような気がしてて。もちろん軸となる部分は変えなくても良いと思うのですが、ちょっとずつ進化を加えていってオンリーワンな何かを作っていけたら楽しいよなぁと。 

 

 

人と同じことをして安心するタイプの人もいるけれども僕はどちらかというと同じことをしてると不安になるタイプなので(笑)

 

 

上手くいったことは上手くいったことで

ダメなことはダメなことで。

 

 

命ある限りチャレンジはできるからこそ

トライ&エラーの精神でいきたいなと。

 

 

そもそも挑戦が怖いってひとは挑戦という言葉が大きいものになりすぎている可能性がたかいです。

 

そりゃーいきなり会社辞めた方がいいよとか金銭的なところからリスクを取り始めてしまったら生活がおぼつかなくなるので本当に小さなことから始めていけばいいと思うんです。焼きおにぎりみたいな感じで。

 

 

生活の中の些細なところから

こうすれば良くなるのではないか

みたいな感じで目線を変えていけば

今やってるつまらないことも楽しくなるかもしれないですし。楽しいことがさらに楽しくなるかもしれないです。

 

 

ということで今日も攻め込みにいってきます。