オオツルと遊牧生活

社会になじめないので旅をしながらなんとか生きてる人のブログです。

受験は緩くやってきたタイプの人間です

今週のお題「受験」

 

f:id:tsuru-52:20180123135931j:image

 

 

今日はあの松坂大輔投手が中日ドラゴンズの入団テストを受験するようですね。

 

中日テストの松坂大輔がナゴヤ球場入り テスト合格なら即会見へ (Full-Count) - Yahoo!ニュース

 

 

甲子園を春夏連覇してプロ野球でキャリアを積んでメジャーリーグでも活躍。日本代表も経験している。そんな選手が受ける入団テスト。

 

 

どんな心境なのかとても気になります。

 

 

野球を始めた頃に活躍していた選手が

既に監督や解説者になっているのをみていると

もう自分も年を取ったなーと思うけど、

実際は今年で25歳。ドラフトに指名される人たちと同年代なので自分も頑張っていきたい。

 

 

自分の受験といえば、高校受験、大学受験、会社の入社試験などを経験しています。

 

 

高校は特にいきたいところもなくて

勉強もほとんどしていない状態で、

適当に近所の私立高校へ入学。

 

 

野球を続ける気すらなかったのですが

たまたま中学の時にいたシニアのチームから

何人か同じ高校に進学してたので続けることに。

 

 

ちゃんと勉強して別の高校に行っていたらどうなっていたのだろう… 運命ってわからないですね。

 

 

大学受験は、高校受験とは一転。

 

高3夏の野球部引退して、8月からほぼ毎日勉強。

 

もちろんそれまでまともに勉強していなかったのできつかったけど、頭の悪い高校からそれなりの大学に進めたら良いなーとかそんなレベル。あと野球で結果出なかったから勉強だけでもみたいな感じ。 

 

 

殆どの大学に落ちたけど、現役で受かった大学に進学。ちなみに受かった大学は、試験当日は時計忘れて時間見ずに受験。気合入れすぎない方がちょうど良いのかもねー。

 

 

就活はあまり気合が入らず。

ホワイトそうな業界のみ受験。就活は平日のみ。めっちゃゆるゆる。

ただ、始めての面接と、最終面接だけはとても緊張でした。

 

 

特に最終面接では、落ちたら今までの苦労が水の泡だーみたいに思ってました。そんな苦労してないのになぜか。

 

ほどよい緊張感は大切ですけど、

あまり緊張しすぎると身体が固まって良くないなぁと今になって思います。

 

 

このブログを読んでいる受験生の人がいるかどうかは知りませんが、受験シーズンにこのブログに辿り着いている時点で余裕あると思うのでこのまま頑張って欲しいなとおもってます!

 

 

ついき