オオツル式生き方研究所

健康で文化的な生き方を目指す平成5年生まれの人のブログです。

休息が心への余裕を与える

ご無沙汰しています。

冬になると寒くて寒くてテンションが下がります。

 

ですので活動のペースというのは必然的に減ってきます。

 

 

会社にいたときも結構働いていた記憶がありますし

学生時代も暇な時間はもったいないと言わんばかりに

遊んだり旅行したりバイトしていたりしていました。

 

 

これはもう自分の本質的なものなんでしょう。

暇な時間が欲しいな~と思っていても

自分で予定をどんどん作ってしまうので一向に暇が作れない。

 

 

彼女が欲しい~と言いながら一向にできない人と

根本は同じなのかもしれません。

 

 

ただ、自分のキャパを超えそうになると

どんどん体調不良の波が襲ってきます。

 

 

今回も人と会うのがしんどすぎて

体調を悪くしていました。

 

 

気の合う人たちとまったり過ごすぶんには

楽しく時間を使えるのですが

知らない人と話し続けたり

興味のない営業を受け続けたりするのはやっぱり苦痛でした。

 

 

とはいえ、もうやりたくないな―と思っていると

やるべきことはやりなさいと言わんばかりのチャンスが

目の前にやってきているような気もします。

 

 

つまり、何が言いたいのかというと

忙しすぎると何が何だかわからなくなるから

たまには休んで余裕を持とうということ。

 

 

休んだ時に意外と面白いアイデアとか

これからすべきことのヒントみたいなものが

ぱっと浮かんだりする気がします。

 

あと、睡眠は大事(笑)

 

寝不足が続くとパフォーマンスが低下するのは

何回やっても同じ結果なので

しっかり睡眠は確保しておきたいと思います。

 

 

ikikatasagashi.hatenadiary.jp

 

こんな記事を書いていたのも昔のようで

何かに追われて寝不足が続いていました・・・