オオツル式生き方研究所

生き方ソムリエのオオツルが、生き方の選択肢を広げ、考えるきっかけを作るためのブログ

ぼくらには選ぶ権利があることをまず知ろう

 

ここ最近、朝夜の暑さが和らいでいますが

夏バテもピークに達してやる気がおきません。

 

なんだかんだで仕事をしていたりはしますが、

正直なところ家でぐーたらしてるほうが

良いんですけど、なんだかんだで

外に出てることが多いです。

 

 

もちろん外に出ることによって

いろんな人や物や風景に触れて

楽しい生活を彩っていくことができるので

特に嫌な気持ちにはならないのですけど。

 

 

ただ、そこに行き着くまで。

家から出る一歩目というものがあまりにも重たい。

 

 

今の生活スタイルで言えば

行きたくない時に行かなくて良くて、

会いたくない人とは極力合わない

なんてことができる超ワガママ生活なので

ストレスは少ないですが、

これができなかった頃のストレスは恐ろしい。

 

 

ただでさえ、外は暑いし疲労してるのに

めんどくさい人にあって余計にエネルギーを

消耗させられてしまう。

 

 

もっと自分たちで選ぶ権利があることを認識して、その中で選択をしていく。

 

 

とにかくいろいろ経験して、選択肢の幅を持っておくことで精神的なゆとりが生まれてくるのではないでしょうか。

 

 

働き方に限らず、人間関係でもスケジュール管理でも。

 

 

やらなければいけないことはあれど、

実際やらなくても死ぬわけではない。

 

 

だったらのほほんと過ごしつつ、力入れるべきところ。そこに集中して取り組む。そうすることで身体も心も良いコンディションで生活できるんだろうなーと。

 

 

f:id:tsuru-52:20170821084142j:image

 

 

たまーに美味しいものを食べると

元気が出ます。

 

外に出るのにもやっぱり何か原動力があるとエネルギーが湧き出てくるので食べ物を目的として外に出るというのも悪くないなと思っています。

 

正直なところ、モチベーションの源泉ってなんでも良くてまずは走り出すこと。

そこからいろいろ見えてくるものがあるので取捨選択をしていく。

 

1つのコミュニティにしか属していないとやはり目線が偏ってしまうのでいろんな場所に足を入れつつ「じぶん」が見えてくる。

 

 

情報量が多いと錯乱してしまう人もいるけど、選択肢はたくさんあったほうが良い。

選択肢を知った上で、やらないという選択をするとまた世界が変わる。

 

 

だから、ぼくらには選ぶ権利があるということを忘れずに生活をしたら楽しくなるよーと伝えておきます。