オオツル式生き方研究所

生き方ソムリエのオオツルが、生き方の選択肢を広げ、考えるきっかけを作るためのブログ

一目見たら「自分だ」という個性を作りたい

 

 

僕の知人の中には一目見ただけで

「あ、この人だ!」となるような人がいて、

とてもかっこいいなと思います。

 

 

 

日本の就活とかもそうですけど、

基本的にみんな同じ格好で個性みたいなものは

おとなになるにつれて行方不明になるじゃないですか。

 

 

 

社会の歯車としての一員であれば

個性がない方がシステムがうまく回ります。

 

 

 

こうしなさいよ~というシステムに乗っかったほうが

楽ですからね。間違いなく。

自分の頭を使わなくても、お金は稼げるわけです。

ある程度は。ただその先がしんどい。

 

 

 

僕の場合は、会社員という枠がなかなか合わなかった。

どうしても会社の看板をもって仕事をする以上

自分の意志だけでは動けないですからね。

 

 

 

そういった意味で、個人で活動する場合

自分しか後ろ盾がないわけですから

ある程度自由に動くことができます。

 

 

もちろん、何かあった時の責任は

自分でとるしかできないし、

言い訳や愚痴を言っている暇なんてありません。

とにかくやる。

 

 

でも、このとにかくやっていく先に

自分らしさだったり、

その人の個性みたいなものにたどり着いていくような感じ。

 

 

誰でもいい中から選ばれないといけない中で

自分を選んでもらえるようにするためには

やはり凸になっていかないといけないよな~。

 

 

今高校野球が盛んな時期ですが

平均的に何でもこなせる選手は

レギュラーを取れないと試合には出れないんです。

 

 

でも、めちゃくちゃ打てるけど守れない選手は

代打で出番があるかもしれないし

足がチーターみたいに速ければ

ここ一番の代走で使ってもらえるかもしれない。

 

 

これは人生においても同じ気がしていて。

全部がうまくこなせるレギュラー的な

ポジションに行けるのは一握り。

 

 

ただ、レギュラーにならなくとも

自分の武器を理解して磨いておけば

どこかで活躍する機会があるかもしれない。

 

 

そのために「個性」なるものは持っておきたい。

まぁ、楽しく生きていければそれが一番ですけど。

 

 

 

ちなみに、僕は普段涼しいという理由で

サルエルパンツで生活しているのですが

それをするだけで個性になっているような気がします。

 

 

初回お会いした時のインパクトを残しておけるので

2回目以降あった時スムーズに仲良くなれます。

 

 

涼しいし、おすすめですよ!