オオツル式楽しい生活

生き方ソムリエのオオツルが、生き方の選択肢を広げ、考えるきっかけを作るためのブログ

困ったときは人に頼ったほうが良い

 

 

僕も毎日困っています。

 

 

ブログ以外にいろいろはじめて外で活動することが多いですが

1人、または少人数でボーっとしているのが好きなので

1日に何人もの人と話したりすると疲れてしまいます。

 

 

ザ・社会不適合者という感じですが…。

 

 

こう思っているのに会社員の時は

無理して毎日アポを入れて得意先を回り

休みたいな~なんて思っていても口に出せず

知らぬ間に体調が悪くなっていく…

なんてことにつながっていたわけですが

 

 

f:id:tsuru-52:20170122211344j:plain

 

 

 

結局のところ、悩んでいることや苦しんでいることは

どんどん発信してしまえばいいと思うんですよ。

 

 

口に出して、「助けて」と明確に意思表示をしてしまえば

助け舟を出してくれるはずです。

1人で悩まない。

 

 

なかなか口に出せるものではないかもしれませんが

口に出さないと自分が思ている以上に

周りの人は気が付いていません。

 

 

僕は会社を辞めると決めたとき

周りの先輩社員からは悩んでることを知らなかったと言われましたし

(確かに話したことはなかったけど)

周りの友人からも楽しそうな仕事なのにねと言われたり。

 

 

自分が思っていることと、

周りの見え方はどうも違うようで…。

 

 

だからこそ、困っているときは

どんどん人を使ってしまったほうが良い。

困ったことがあれば、誰かは助けてくれます。

 

 

出来ないことは恥ずかしいことではない。

最初からうまくできる人なんてほんの一握りです。

 

 

僕もいまだに何もできない人間ですが

周りの人たちに恵まれてなんとかなっています。

 

 

周りの人たちに恵まれているのも

おそらく自分が

「こうしたいけど、どうすればいいかわからない」

というメッセージを常に送っているからかもしれません。

 

 

そんなメッセージを受け取った誰かさんが

たまたま僕のもとにやってきて助け舟を出してくれる…みたいな感じ。

 

 

まだまだ僕は外で動かないといけない時もあるし

会社辞めたいという人がたくさんいるので

困っている人がたくさんいるけれども

みんなで力を合わせて何かをすれば困っていることなんて

案外簡単に乗り越えることができるんじゃないかと思っています。