オオツル式楽しい生活

生き方ソムリエのオオツルが、生き方の選択肢を広げ、考えるきっかけを作るためのブログ

やりたいことがない人に考えてほしい、「もしも魔法が使えたら」

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

自分の理想の世界

 

 

人は言います。

「やりたいことがない」

 

 

それは絶対、嘘です。

やりたいことがない人間っていないと思うんですよ。

ただただその人がやりたいことに気が付いていないだけじゃないか?

なんて僕は思っていて。

 

 

そこで、今回のテーマである

「もしも魔法が使えたら?」

ということを考えてみると自分の理想の世界がわかります。

 

 

では、質問です。

 

 

魔法が使えたら、何がしたいですか?

 

 

 

多くの人は自分が今できないようなことを

望むのではないでしょうか。

 

 

そうやって考えると、

やりたいことがないというわけではなく

やりたいことはあるけれど

自分の心にふたをしているだけではないだろうか。

 

 

心のふたを外す

 

 

僕は心にふたをして生きていました。

学校は嫌いだし、会社も嫌い。

野球というスポーツは好きだったけど

監督の指示とかは嫌いでした。

 

 

社会に適合してないタイプだと

自覚はしていたけれども

合わせる以外の生き方を知らなかったから

無理して合わせていたんです。

 

 

数年前の僕が魔法を使えたら

「自由な暮らしがしたい」

なんて言っていたに違いありません。

 

 

でも、大抵のことは魔法を使わずとも

心のふたを外していけば

実現できるようなことばかりなのではないかと。

 

 

現に今の僕は自由な生活をしている部類の人間です。

もちろん不労所得でのんびり生活なんてものではないので

働くときは働きます。

 

 

しかし体調が悪いときはいつでも寝れるし

1週間ぷらっと旅行に出かけたりとか

フットワークの軽い生活は実際に可能でした。

 

 

色々な人と話す機会があるんですけど

多くの人は「心のふた」を外せば

実際に手に入れることはできるんじゃないかと。

 

 

僕は会社を辞めてしまえ!って動いたことが

ある種の魔法がかかった状態になって

知らないうちに仕事が来るようになったり

助けてくれる人が近くにいたりして

会社員でなくても生きていける状態になっています。

 

 

自分のこころに従って素直な気持ちで行動すると

望んでいたものに近づけるのだな、と実感しています。

 

 

道は1つではない

 

 

人間、知らない世界に行くのは怖いです。

大学生の時の僕は会社員以外の生活は考えられなかった。

会社というのはいわゆる大企業で

全国にあるような会社です。

 

 

でも大学生のときだってちゃんとまわりを見ていれば

色々な人が周りにはたくさんいた。

 

 

フリーターしながら夢追ってるひとや

学生で起業していたような人

中小企業で楽しく働いている人も

脱サラして個人で働いている人も。

 

 

意外と身近なところにはいるもんで

ただただ自分が気が付いていなかっただけ。

 

 

やりたいことも同じで

こころの奥底にはあるんだけれども

自分の表面にまだ出てきていないだけ。

 

 

やりたいことにたどり着くまでの道は1つではないです。

 

 

お金持ちになりたい人がお金持ちになるために

副業をして収入口を増やすのも一つの方法ですし

 

今いる会社が超良い会社で

出世して2000万、3000万もらえる人になるかもしれません。

 

事業を立ち上げてもいいですしね。

当たればでかいです。

 

 

選択肢はたくさんあります。

道は1つじゃないのです。

 

 

 

過去に記事にも書きましたが

大阪から東京にだって行く方法はたくさんあります。

 

 

先に答えを決めておけば

たどり着くためのアイデアはポンポン出てきます。

 

ikikatasagashi.hatenadiary.jp

 

 

身近なところにもヒントは転がってますし

自分の理想に近づく方法も1つだけではなくて

たくさんあるんじゃないでしょうか。

 

 

だからこそ、やりたいことがみつからないひとは

もしも魔法が使えたら?を考えたら

自分の理想の世界が見えてくるし

 

 

理想の世界が見えてきたらそこに行くための

ヒントをさがしてみる。

そして動き出した時、魔法にかかっている。

 

 

だから、一歩足を踏み出すことは大切だと思います。

 

 

 

ではでは~!