オオツル式楽しい生活

生き方ソムリエのオオツルが、生き方の選択肢を広げ、考えるきっかけを作るためのブログ

自殺はいつ起こるかわからないから備えておきたい。

www.amazing-takenoko.com

 

この記事を読ませてもらって

自分の中でも書いておきたいことがあるなーって

思ったので書いていきます。

 

 

「自殺」

 

 

僕の身近な人で話を聞いたことがないので

今までは他人事でしたが

僕が会社員の頃、営業車に乗っているときにふと

「このまま事故起こせば楽になるな~」

なんて考えたことがきっかけで

生きることに対して真剣に考えるようになりました。

 

 

 

だから、自分で命を絶ってしまうことは

本当に悲しいことだと僕は思っています。

 

 たけのこlabo.さんの記事の中でも触れていましたが

「生きる」ことに対してもっと知っておいた方が良いのでしょう。

 

やっぱりいじめも学校がすべて把握することは難しいし

過労死だって周りの人は気が付かないし

親が子供の異変にだって気が付かない。

 

 

自分自身が苦しいときの「逃げ」の選択肢が

わからなくなるし、周りはそもそも苦しんでいることに気が付かない。

 

 

今健康な状態の人だって

いつどうなるかはわからないですからね。

 

自分の手札というものは

たくさん持っていたほうが良いと思います。

 

 

 

ikikatasagashi.hatenadiary.jp

 

 

例えば、過去に書いた記事ですが

自分のやりたいことに熱を注いでいく。

これも生きがいみたいなものになります。

 

 

僕のこのブログは自分自身の生存確認の意味も込めて書いてます。

楽しいから書いています。

 

 

楽しいことしてそれをシェアしてお金もらえるとか

なかなか楽しいですよ。まさに好きを仕事に!です。

 

 

そういう意味ではブログは

かなり優良なコンテンツです。

 

 

お金を稼ごうなんて思わなくたって

毎日記事を乗っけていれば

見ている人は見ていますし

その人の変化に気が付くと思います。

 

 

ほんとに切羽詰って更新しなくなったら

周りの優しい人は心配するかもしれませんし

危機を感じてご飯を誘っているかもしれない。

 

 

それこそ、

いじめも学校がすべて把握することは難しいし

過労死だって周りの人は気が付かないし

親が子供の異変にだって気が付かない。

 

 

なんて書いたけど同じ環境で同じ目線で見ていると

基準がおかしくなるので気が付かなくなるんですよ。

 

 

「うちの息子が悪さをするわけない!」みたいなやつ。

 

 

だからこうやって外に向けて発信するだけでも

客観的な意見を手に入れることだってできます。

 

 

確かに生きにくい世の中ではありますが

何でもかんでもふたをするのではなく

困ったら頼れ!外に出て!

出来ないことは恥ずかしいことじゃないし

言葉にしたら誰かが助けてくれる

 

 

そんな経験をもっとしてほしいなと思います。

 

 

みんな大した人間なんていないわけですし。

シンプルにやりたいことをやり

遊びたい時に遊ぶ。

 

 

生きにくい社会だからこそ

自分の居場所を探していけば

どこかでピタッと収まるかもしれないですし

インターネットが発達した今、

自ら居場所を作り出すこともできます。

 

 

辛かったらまた休んで

元気になったら動く。

 

 

とにかく無理はしないことが

ぼくからの願いです。

 

 

ではでは~!