オオツル式楽しい生活

生き方ソムリエのオオツルが、生き方の選択肢を広げ、考えるきっかけを作るためのブログ

悩んでる人は飲んで吐いて迷惑をかけるといい

今週のお題「家飲み」

 

「飲んで吐いて迷惑をかける」

 

飲む

 

まるで学生のお酒の飲み方みたいですね。

でも、今の現状に悩みや不満を抱えている人は

お酒を飲んででもいいですけど

自分の現状を飲み込んで受け入れていこうという話です。

 

 

自分を受け入れられない人が

周りの人を受け入れることができるはずもなく

周りの人が助け舟を出そうとしても

自分が悲劇の中心にいると思い込んで意味をなさない。

 

 

これではあなたにかかわる人すべてが

不幸になってしまう。

だから、いったんは現状を飲み込もう。

お酒を飲みながらでもいいです。

 

 

吐く

 

異物が入ったら気持ち悪いですよね。

僕はお酒を飲んだら気持ち悪くなります。

だから、その気持ち悪いものは外に出すわけです。

 

あなたが抱えている悩みを

いったん自分の中に入れてしまったら

おそらく苦しいし痛いし気分は悪くなる。

 

そこであなたの周りの人を使うんです。

周りの人たちにその痛みを吐き出してください。

なんならぶちまけてください。

 

「もう仕事が嫌だ」

「なんで何もかもうまくいかないんだけど」

「ちょっと話聞いて」

 

切り口は何でもいいです。

自分の痛みを受け入れて外に出すことで

自分が何に悩んでいたのかが見えてくる

言葉になると、自分を外から見ることができるから。

 

 

ただ、この時注意してほしいのは

「自分よりもレベルが高いと思う人」

に対して吐き出してください。

 

 

レベルというと教養や経験ですかね。

自分よりも多く持っている人に話そう。

 

 

例えば、経験の浅い後輩に話しても

受け止めるキャパが足りないから

後輩が混乱してしまうかもしれないし

 

 

同じような境遇の人に話しても

ただの傷のなめあいになって終わります。

会社の飲み会とかはまさにそんな感じ。

 

 

吐き出す相手は考えましょう。

 

 

迷惑をかける

 

自分では迷惑と思っていても

自分よりもレベルが高いであろう人からすると

あまり迷惑ではなかったりします。

 

そもそも人は1人でなんでもできるわけではありません。

だから、お互い助け合い協力し合って生きていけるわけです。

 

国レベルでもそうでしょ。

日本だって小麦とかは足りないから

他の国に頼って輸入してくるわけだ。

 

他の人に何かを与えることができるということは

それだけ余裕のある人ができること。

 

だから、遠慮はせずに

自分よりもできると思った人に対して

悩みを吐き出して

頼って頼りまくって何とかする。

 

 

僕も会社員時代も今も

自分よりできるな~という人には

どんどん相談に行くようにしていた。

意識的に。意識しないと一人で抱えるタイプなので。

 

 

そうすると、自然と結果も出るようになってくる。

やるべきことさえやっていれば。

 

 

飲みにけーしょん

 

僕は大っ嫌いな言葉ですが

それは僕が飲まなくても本音が言えるっていうだけで

世の中の多くの人は

そうも言ってられない環境にあると思います。

 

そういう時はアルコールを使って

自分が普段話しにくいと感じている人に

ガンガン話しかけてみるのも手ですね!

 

そこで悩みを吐き出しましょう。

お酒は吐き出さないように…

 

 

あと、ひっそりとLINE@も作ったので

僕に話したいことがあれば遠慮なくどうぞ!

 

 

 クリックして追加↓

友だち追加