オオツル式楽しい生活

生き方ソムリエのオオツルが、生き方の選択肢を広げ、考えるきっかけを作るためのブログ

「やりたいことがない?」そんなわけないだろう

 

僕はアツい男ではないですし

どちらかと言えば静かに生きていたいです。

 

 

あっやりたいこと見つかった。

 

 

 

どうも、オオツルです。

 

 

やりたいことって実はみんな持っているのに

なんで気が付かないんだろう。

ちょっとした疑問がわいたので考えてみました。

 

 

 

「やりたいことない」

 

 

「やりたいことがないんだよねーでも人生つまらん。」

・・・はぁ。

 

僕はそういう人を何人も見た気がする。

就活をしていた時の僕も似たような感じ。

やりたいことはないけど、とりあえず働くか。みたいな(笑)

 

 

いや、でも当時からやりたいことはあった。

僕は大学3年の時、旅行やダイビングが好きで

時間を無限に使って遊び続けたいと思っていた。

それが僕のやりたいこと。だった。

 

 

でも、言い訳をしてやりたいことにふたをしてしまった。

やりたいことのために何か行動をしようと思わなかった。

というよりも諦めた。足を動かさなかった。

そしてつまらない人生になった。

 

 

 

目の前のことを全力でやったら面白い

 

 

僕にとってやりたくなかったことが会社員。

満員電車で死んだ目をした~みたいになりたくなかった。

もっと、自由に生きたいと思っていた。

 

 

でも、会社に入って確かにつまらない研修を受けて

ほんとにやりたいことってなにかなーと

向き合うようになった。いろいろ出てきた。

 

 

自分の担当エリアが与えられ

そこで結果を出すために全力でやったら

それはそれで楽しかったし結果も出た。

だから、やりたいことが見つからない人は

目の前のことに対して本気で取り組んだらいい。

 

 

言い訳なんていらない。

やるかやらないか。

 

 

 

でも、やり続けると世界が変わるというか

これは何かをやり続けることができた人にしか

わからない感覚だと思うんですけど

やりたいことを持つ大切さも見いだせるし

実際にやらないといけないという行動になっていく。

 

 

目の前のことを全力でやりきることで

次にやりたいことが見えてくる。

 

 

やりたいことは人それぞれですが

夢や目標に対して挑み続けていると

不満を語らずに理想を語れるようになるし

たぶん、生きている実感を強く持てます。

 

 

 

あなたはどちらを選びたいか?

 

やりたいことがないと言い訳して

愚痴や不満を並べて

ワクワクしない生き方を選び続けるのか。

 

 

やりたいことがわからなくても

とにかく目の前のことに向き合い

全力で取り組むことで

自分の中で充実感を発生させて

楽しい人生を送ることができるようにするのか。

 

 

 

どっちがいいですかね?

 

 

って話。

 

 

もちろん、何かに全力で取り組んだら

忙しくなるし、さぼれないし

辛いことだってある。

失敗して恥をかいて。

 

 

でもそれを乗り越えたから

今までできなかったことができるようになるし

その経験をすることで

失敗に対して冷静に謙虚に向き合える。

素直に人のアドバイスを聞けるようになる。

 

 

 

なんやかんや、そういう考えを持って生活していると

周りの人もネガティブな人が近くからいなくなり

ポジティブで楽しい人たちが周りにいるような気がします。

 

 

もしかするとネガな人がポジに変わったのかもしれません。

それはそれはとてもうれしいことで。

 

 

またこの記事を読んで前向きになれた人がいたら

うれしいなと思っています。