オオツル式楽しい生活

生き方ソムリエのオオツルが、生き方の選択肢を広げ、考えるきっかけを作るためのブログ

貧乏な人が量産されているからこそやるべきこと

お金がない! 

 

 

国民生活基礎調査の概況」よると、

1世帯当たりの平均所得額は、

20代が323万円、30代が545万円、

40代になると648万円という結果が出ています。

 

 

世帯ですからね。

僕が新入社員だった時ですら

20代世帯の平均は超えていました。

それでも結婚すると

お金なくなりそうだな~なんて漠然と不安を持っていました。

 

 


しかし、これは1世帯当たりの年収です。

1人当たりの実態は、

年収300万円未満が約40%。

 

 

今、日本で働いている人口の

約4割が年収300万円以下であるのです。

 

 

だから正社員が人気だし、

正社員の人はその立場を捨てきれない。

 

 

給料=あなたの価値

 

 

あなたが一生懸命週5日

朝から晩まで働いていた給料が

月20万円だったとしよう。

 

 

社会人になり立てだったら

まぁ、普通かで済むと思いますし

30歳になっても月20万円だったら

少ないと思うかもしれません。

 

 

人によってお金の基準は変わってくるので

僕がどうこう言う話ではないですが

もし少ないと感じるのなら

収入を増やす努力をする必要があります。

 

 

それが、自分の価値を高めることにつながります。

 

 

価値の高めかた

 

 

自分の価値を高めるということは

自分ができることを増やしていくことだと僕は思っています。

 

 

特に、ほかの人ができない仕事はもらえるお金も大きいですし

逆に言えばだれでもできることに価値は低いので

もらえるお金は少なくなります。

 

 

アルバイトの皿洗い。

いないとお店が、回らなくなる価値ある仕事です。

でも、誰でもできますよね。

誰でもできるからもらえるお金って少ないです。

時給1000円とか。

 

 

とはいえ、お皿を洗うだけでお金をもらえるわけですから

単純に考えたらすごいことです。

 

 

社会にとって1時間お皿を洗うことは

1000円の価値があるわけですから。

 

 

 

じゃあ、あなたの今の仕事は?

 

 

 

会社にいるのであれば、役職が上がるにつれて

給料は上がっていきます。

それは当然で、業務量も質も上がっていくからです。

 

 

自分が出世して会社内でポジションがあり

それだけ満足できるお金をもらえるのであれば

そのポジションに行くことができるスキルを高めたほうが良い。

 

 

ただ、会社はどうなるかわからない。

もちろん個人でもどうなるかわからない。

 

 

ならば、自分のできることの幅を広げ

得意なことは質を高める努力をしたほうが良い

 

 

 

と僕は思います。