生き方を考えるブログ

社会になじめないので旅をしながらなんとか生きてる人のブログです。

死ぬ気でやるな、殺す気でやれ

どこで見たのかあまり覚えていないのですが

自分の中で印象に残った言葉があって

 

 

死ぬ気でやるな、殺す気でやれ

 

 

という言葉がとても印象に残っている。

 

 

 

死ぬ気でやる、ってよく耳にする表現だと思うんですが

死ぬ気でやるってどういうことなんだろう。

 

 

がむしゃらにやるとか一心不乱にやるとか

限界を超えるまでやるとか。

 

 

そんなニュアンスで僕は捉えていたのですが

そもそも死ぬ気という表現が捉えにくいというか

死んだら終わりじゃんとかそういう風に思います。

 

 

やるかやられるかという側面で見たら

どうしても受け身的な感じがする。

 

 

一方で、殺す気でやるという表現は

やるかやられるかといったら

やる側の言葉で、鬼気迫ってやるような印象を受けます。

 

 

実際に殺すことはないですが、

勝負の世界にいるのであれば

 

 

勝つ=殺す

負ける=殺される

 

 

と同意なので、それくらいの気持ちを持ってやる

というのはわかりやすくいいなと思います。

 

何か成果を出そう、数字をあげよう

みたいな自分との戦いになった時でも

死ぬ気でやる、という表現よりも

殺す気でやったほうが成果が出そうな気がします。

 

 

ここまで文字を打ってて思ったのですが

殺すという表現は直接すぎるので

僕は倒す気でやる

といった言葉の方が大人な感じがしていいと思いました。

 

 

日本語って奥が深いねという話でした。

 

暇つぶし:限界点を見つける

明後日くらいからだいぶ忙しくなる予定なんですが、年明けてからは結構暇なのでいろんな実験をしています。

 

 

例えば何時間起きていられるかとか、どれだけ早くご飯を食べることができるかとか。1分間に瞬きが何回できるかとか、音のなる関節は何ヶ所あるか数えてみるとか。

 

 

くだらないと一蹴されてしまうかもしれないけど、ほんとうにひまで、遊ぶ友人とかも近くにいるわけではないし無駄なお金も使いたくないって時は、くだらないことをするしかないのです。もちろん本を読んだり勉強をしたりもするわけですが、くだらないことを考える時間は一種の癒しでもあります。

 

 

こういう話を真面目にしても何を言ってるんだこの26歳はという視線しか浴びないので辛いところではありますが、こういう遊びをしている中で気づいたことがあります。

 

 

それはお察しのとおり、タイトルに書いた限界点を見つけるという話です。

 

 

自分の限界がどこまであるのかを知るということは、とても大切であると当たり前のように思っているかもしれませんが実際にどこまで限界なのかをほんとうに把握している人は少ないのではないかと思ったりします。

 

 

遊びの中では瞬きの回数とか特に役に立たないことがほとんどですが、自分の身体のスペックを知るということはとても大切だなと。

 

 

分かりやすいところで言ったら、お酒。

自分がどれくらいお酒が飲めるのか、ということを理解していないと人に迷惑をかける飲み方をしてしまいます。

 

 

僕はお酒で潰れたことは一度もないのですが、基本的にお酒は弱いので、限界点を超えないように調整をしています。

 

 

酒の席ならできていても、普段の仕事や生活においてはあまり考えない人の方が多いような気がしていたので。というか、僕もあまりできていなかった気がする。特に仕事。

 

 

目の前の仕事というかタスクが溜まってしまうと、それをこなすことに満足してしまうので、仕事まで辿りついてないのに時間だけがかかっていて、身体がエネルギー切れになっていた気がする。11月くらいの話。

 

 

7月くらいからまともに休まずに毎日毎日せっせと働いていたので僕の場合は5ヶ月間無休で働いたら、精神に影響が出て仕事がうまくいかなくなるということがわかった。

 

 

とはいってもこの場合はやりたいからやるという仕事の仕方ではなく、やらないといけないからやるというモチベーションだったのが原因だったのかもしれない。

 

 

答えは自分の中にあるケースもあるけども、客観的に時間とか仕事量とかで自分の限界点を見定めて、身体を壊さずにギリギリのラインを攻めて目標を達成できたらいいのかなっておもいました。

 

 

あと、暇な時っておなかすくよね。

 

1日5食食べてもまだいけそうな気がしました。こりゃ太るな。

 

見るだけでお腹空くチャーハン

 

昨日はブログを書いたけど、

基本的に殆ど更新をしないのですが

なんだかんだ見られていてこわい。

 

 

友人か?親か?

まぁ誰が見ててもいいんですけど(笑)

 

 

このブログをちゃんと書いてた2017年頃は

アクセス数は月間4000PVくらいだったはずなのに、昨日とか36PVですよ。こわいこわい。

 

メイドカフェで遊んでる場合じゃなかった。

 

 

f:id:tsuru-52:20200110223322j:image

 

ところで話が変わるのですが

チャーハンって美味しいですよね。

 

今日は隣の隣の席でチャーハンを食べている青年をみてチャーハンが食べたくなりました。

 

醤油風の匂いといいますか、あの香りは食欲を増進させます。ちなみにチャーハンはお米をそのまま食べるよりも太りにくいらしいです。

 

 

役に立つ話はあまりできませんが、ダイエット中の方は参考にしてください。

 

 

 

メイドカフェでにゃんにゃんした話

新年になりました。

 

 

今年と打つとアップデートしていない僕の古いiPhone平成32年と出てきますが令和2年です。

 

というか、令和という言葉がそもそも新語なのでアップデートしないと存在していないことになっているのでしょうか。普段あまり使わない予備機なので新しい発見です。

 

 

そんな前置きはさておき、今日はメイドカフェに行きました。多分高校生の時のテスト週間に行った以来、10年ぶり?みたいな感じです。

 

 

高校生が10年前という事実も驚きですが、平成5年生まれなので、そういうことです。

 

 

今回、なぜメイドカフェに行ったことを書きたかったかというと自分を変革させるためです。

 

 

これは割と真面目な話でして、

 

 

普段の僕は騒いだりしてる人を見て「うるさいなー」と見下す癖がありまして。

学生時代も行事とかに参加してなかったですし、斜に構えてるような性質があるんですけど。

 

 

30歳も近づいてきて、なんかそういうのもダサいなーと思ったので(笑)

 

 

何か自分を解放する場所はないかと思って、先日友人に提案したところ快いお返事が…!

 

 

正直なところ自分を解放する場はメイドカフェでなくてもよかったんですが、それこそライブハウスとかクラブとか。でもメイドカフェに行きたかったのでメイドカフェに行きました。

 

 

写真とかをバシバシ載せたいところではあるのですが、メイドさんは無許可で写真を撮るとびっくりして溶けてしまいますと言われたので撮影しませんでした。

 

 

…チェキはとりました。

 

 

建物の中に入ったらそれはまるで世界観が変わって行く様とか、「これはハマる」と思います。キャストというか、メイドの格好をしている女の子も役を演じきれていて、ディ○ニーランドみたいな気分になります。

 

 

それこそ、キャバとかに金をつぎ込むくらいならメイドでいいんじゃないかと思うくらいに。

 

 

日頃のストレスとかそう行ったものが浄化されるような感じでした。

 

 

日常生活において、目の前のオムライスに対して「美味しくなーれ!」とかって絶対言わないじゃないですか。

 

 

でも、それを恥ずかしい気もするけど、恥ずかしげもなく大きな声で「美味しくなーれ!」と声を出すわけですよ。

 

 

何か新しい殻を破れそうな気がしたんです。

というか、普段絶対やらないことをやると気持ちいい。おすすめです。

 

 

いつもは顔が死んでることが多いらしいですが、今日はいつもより生き生きしていてらしいです。魔法にかけられたのかな?にゃんにゃん。

 

 

 

メイドカフェを出て現実に戻ったあともテンションが維持できたおかげで、近くで屋台があったので焼きそばタイムトライアルを2回もやりました。並盛りを1分以内完食が目標でしたが、1分20秒でした。悔しい。

 

 

そんなこんなで遊んでくれる友人もいることに感謝しながら、僕は新天地に飛び立つことになったので、新しい道をしっかり歩いていけるように頑張りたいなんておもいました。

 

生活の中で余白を作る

f:id:tsuru-52:20191130211133j:image

 

最近感じたこと。

 

 

生活の中で余白を作る

 

 

ということが大事ではないだろうか。

 

なんか一つ前の記事とかで書いたけど

とにかく生活が楽しくないしんどい

なんて思ったときに

とりあえず思ったことを書き出して見て

 

 

冷静になって1週間生活してみて

何が足りないのかというと

余裕が足りない。

生活の余白がなかったこと。

 

 

が、僕にとって大きな負担になり

ストレスで蝕まれていたということである。

 

 

新しい学びが、少なくなり

いい景色を見る機会も減り

会う人の質が下がっていく

 

 

から結局うまくいかなくなるのだ。

 

 

実際のところ6月くらいから1日も休まずに仕事をして人が減ったり増えたりしながら現場を回して電話対応して数字の管理してとかしてたらどう見積もっても生活に余白がなかった。

仕事を回すので精一杯。みたいな状況。

 

経営者としては無能であるという勉強はさせてもらった(笑)

 

だからこそ、今の僕に必要なものは勉強すること。事業を作り上げていくという段階においては個の力だけでは流石に厳しい。から、もう少し引き出しを増やしていく必要がある。

 

しかし勉強する余裕もなく、目の前の仕事に追われてたら成長どころか退化していく。できることも増えていかない。それはまずい。

 

 

ってなったらやることはひとつ。

 

 

今やってることをやめる。

 

 

無理やりでも余白をつくってしまえば、

そこなら必要なものが埋まってくる。

 

 

そして、一旦今生きている世界の枠から外れてみて必要なものを見つけて戻ってくるか、違う舞台で戦うか。

 

答えはだいたい自分の中にあるんだろうけど、

その決断をするための理由作りだったりをしていくんだろうなと。

 

 

とにかく目の前のことを全力で取り組むのも大事だけれども、しっかり息を抜くところは抜かないとダメですね。気をつけましょう。

 

 

ということで年内でいろいろリセットして

放牧に出ようと思います。

生きてて楽しくないなって

ふと自分の嫌なことがあったときに思うんですよね。楽しくないなって。

 

楽しくできてないのは他の誰のせいでもなく自分の問題であるとかは置いといて。

 

 

 

人とあまり関わらなくなるようにして

人間関係のストレスを軽減させたら

お金にまつわるストレスくらいですか。

 

 

それもあんまりなく生活してたんですけど、

新しく始めた事業を軌道に乗せていこうとしていくとやっぱり人の数が足りなくて。人と関わらざるを得ない。

 

 

結局いろんな人と関わらなければいけないし、仕事においてみんながみんなモチベーション高くやるわけでもないし、足を引っ張り合う場面もあるし、過度な期待もストレスになる。

 

 

現場に出ればお客さんという仮面を被ったモンスターみたいな人でなしもたくさんいる。

 

一応仕事だから穏便に済ませることを考えるけど、その作業ですらしんどい。

 

ぶん殴ってやろうかなんて幼少期以外喧嘩とかしたことほとんどないんですけど心が荒んでくる人がやたらと多い。だから余計に心を開きたくなくなる。

 

 

そういう状況になったときに

 

 

なんか疲れたなー

 

 

って浄化できればいいんだけど。

 

 

行き場のない苛立ちとか哀しみみたいなものが湧き出てきて、何のためにこの仕事をしているのだろうかと考えてしまう。

 

 

自分で作った仕事ですら正直面白みを感じなくなってくると、もう何をすればいいか分からんという状態。  

 

 

20代前半でいろんな遊びも仕事もとりあえずやってみて結局しっくりくるものはなくて、多分フラフラとしてるのが一番しっくりくる。

 

 

自分で事業を立ち上げるということはとても大変で責任も持たないといけないし、今までだったらありがとうございました!と言ってその場を去ればよかったけどそういうわけにもいかないからこそ楽しくないけどやるしかない。

 

 

ここ半年くらいは仕事が生活の大半になってしまったおかげで、仕事が楽しくなければ生きてて楽しくないよなって思うのも当然である。

 

 

ここでもがいてなんとかするのも良しだし

諦めて消え去るのもありだし

 

 

このあとどういう選択にするのかは自分次第だけど、こういう話をまともに受けてくれる人もいないような気がするというか、ネガティブすぎて話すのも申し訳ないからとりあえずメモがわりに残しておきます。

 

 

 

 

2019のオオツル

早いものでもう2019年です。

2020年の東京オリンピックは随分先のことだななんて思っていましたがもうすぐですね。

 

 

そんな感じで毎年毎年進むスピードが速く感じるようになってきました。

 

 

気がつけば僕は2019年の5月に26歳です。

20代ですら半分を過ぎたことにびっくりしている間も無く時は進んでしまうので1日1日を大切にしたいなぁと思います。

 

 

元旦とか、誕生日とか。

特別な日というのは絶対意識するものがあると思うんですけど、1/365に代わりはなくて。

 

 

この意識を持つだけで少しだけ生活の水準が上がるのだなぁとか新年早々思いました。

 

 

で、今年。

ブログはアウトプット用に書くんですけど、

 

 

おそらく仕事のジャンルがガラッと変わるなぁという感じがしています。

 

 

というのも、自分ひとり分の生活が賄える収入と農家を回る交通費さえあれば十分だと判断していたのですが、昨年度で言えば投資の詐欺、再就職先で給料未払い(解決済み)、車の修理やら膝の怪我やらで余計なお金吹っ飛ぶ。

 

 

みたいな状態が続いて貧乏になって思ったのが貧乏って無理だなと。

 

 

なので、お金になる仕事を優先的にやろうと思います。これに関してはもう11月からはじめて仕上がりつつあるので柱を増やしていけたらいいかなということでそこまで難しくはなさそう。

 

ちなみに3ヶ月だけ働いた会社では26日働いて手取り17万円という意味のわからない状態だったんですけど結局そういうことなんですよね。

 

 

時給労働なら単価を上げないと無理だし、

固定給なら以下に時間に余裕を持たせるかだし。自分の中で一回生活水準が上がってしまうとレベルを落とすのはなかなか難しいものだと考えさせられました。

 

 

難しいことといえば、農業です。

 

フリーランス農業をやってみて生活はできるけど、ジリ貧すぎるなと。

 

もちろんストレスフリーな生活には近づけるし農家の人手不足解消にもつながることですが。

 

農業ももっとやりたいですけど、結局のところ農業一本で生計を成り立たせようとするのであれば、ただの野菜工場のような野菜生産業をすればいいわけです。農家の手伝いは効率が悪すぎた。野菜の作る経費を減らして数を売りまくれば机上では儲かることになる。しかしそれをするのには土地と設備投資にかかる資金が必要だけども、良いものを作るというベクトルに視点は向かないし、結局金じゃねぇかという結論に戻るのです。

 

 

逆に言えば、遊びの中で畑や田んぼに入って

楽しいところをもっと探していきたいなと思います。どういう形で農業を生活の中に取り入れていくかということも今年のテーマになりそうです。農業は仕事ではなく遊びです!

 

 

僕の中で農業をやりたいと思った原点に返ると、

 

食うに困らない生活

安心できるものを口にしたい

 

ということからスタートしていたので歩く方向は間違えないようにしたいなと思っています。

 

 

あとは健康ですね。

膝を怪我して動けなくなった時に収入がガクッと下がったんですけど。

 

フリーランサーからしてみれば恐怖の話であって。怪我だけでなく病気も。

 

 

急に働けなくなるリスクというものをもっと頭にいれていかないと人生詰むなーと思わされたので、前提として健康体を維持できる状態にしておきたいと思いました。

 

 

なので食生活の改善は必須やなぁー。

もちろん運動量も増やしていきたい。

 

 

時間とお金をどう使うかということは常に考えていたつもりだったのですがまだまだ甘さを感じた昨年だったので今年はもっと脳みそをフル活用していこうと思います。

 

 

あとは毎日を丁寧に過ごす。

 

 

ですね!(笑)

 

 

 

この記事を読んだ方も良い年になりますように!ではでは。

 

 

 

忙しい時間からの気づき

忙しい≠お金を稼ぐ

 

11月はかなり忙しく動いてみました。

たぶん車の走行距離は5000キロ以上。

 

 

いろんなとこにいって、いろんなものを食べたなぁーって感じですがたぶん名古屋に行った帰りがけのひつまぶしが1番美味しかったような気がする。お高いしね。

 

 

f:id:tsuru-52:20181127150837j:image

 

 

https://www.instagram.com/p/BqTq7wVnMDW/

上ひつまぶし名古屋からの帰り道の晩ごはん香ばしいうなぎの香りがたまらんですね。美味しかったです。#ひつまぶし備長 #ひつまぶし #櫃まぶし #うなぎ茶漬け #名古屋めし #漬物 #名古屋 #ナゴヤメシ #愛知 #ひまつぶし #美味しい #nagoya #nagoyafood #hitsumabushi #aichi #japan #japanesefood 余談ですが、帰路の途中で抹茶ピーナツパンを食べたのですが、夢にまで出てくる味わいでした。見つけた方はお試しアレ。

 

 

所々遊びがてらお仕事をしている時もありましたが、基本的には何かしら仕事をしてたここまでの11月です。

 

 

僕は残念ながら正社員的な感じではなくて、業務委託の仕事をしたり、自分で利益を作る仕事をしないといけない個人事業主なので生きるために必要なお金は稼がないといけないのです。

 

 

動けば動くだけお金は手に入ることは再確認できたので、あとはいかに効率よく生活に必要なお金を作れるかを考えていきたいですね。

 

 

あとは、単価が安い仕事を受けすぎたかなぁという反省もあります。

 

 

 

 

会社辞めた直後に知り合いから仕事をもらったのであまり考えずにOKしたけど、冷静に考えると思考停止でお付き合いをしてしまうと自分の首を締めるだけやなぁと。

 

 

流石に自分で動いている分、某所で正社員的なことをしてた時の倍は稼げましたがもう少し余裕が欲しいので頑張ります。

 

 

12月のテーマは選択と集中です。

 

 

deadlineを知る

 

 

忙しいというワードは人によって好きな人もいれば拒絶反応を起こす人もいます。

 

 

僕は忙しい状態が嫌いです。

 

 

でも、わざと忙しい状態を作りました。

自分がどこまで動けるかの確認作業です。

 

 

似たようなことを一回やったことがありまして。僕が大学生だった時に、どれくらい働けるかを確認をしました。

 

バイトを4つくらい手に入れて6時から24時まで働き詰めができるようにスケジュールを組みつつ授業に行ってた時期があるんですけど、その生活でおおよそ30万円くらい稼げて3ヶ月目でインフルエンザになりました。

 

全部アルバイトだったのですが、飲食店や営業のバイトです。稼いでも疲労が恐ろしかったのでアルコールと整体が必須アイテムでした。

 

 

お金があってもどんどん使うね。

 

 

ただ、もともと就職とかは面倒だなぁと思ったのでこういう稼ぎ方もあるんだなぁ(でも身体がもたないからやめとこう)となって普通に就職したわけです。

 

 

なので21歳の頃の僕は移動時間いれて1日18時間程度ならば3ヶ月は頑張れるという体験を手に入れたわけです。

 

 

流石に当時と比べると僕も体力や気力が変化しているので同じことはできないと思うし、身体を壊すと余計な出費が出るのが嫌なので今月はほどほどに忙しくしてみました。

 

 

長距離ドライブやら、24時間以上作業するとか、1日に4つくらいの仕事をいれるとか。

 

 

まぁ適当に依頼された仕事ぶっ込んでしまえ!とやってみたけど20日すぎたあたりからアホらしくなってきたので仕事は本当に選択していかねばならないなと思いました。

 

 

ちなみに幸いなことにストレスで胃腸が荒れる以外は元気です。そんなに忙しくなかった岡山サラリーマン時代の方が体調悪かったですねw

 

 

時間をどう使うか

 

 

結局のところ11月に入ってそれなりに激しく動いても体調が大丈夫なのは、基本的に嫌いなことをしないようにしてたからかもしれません。 

 

 

新卒の営業マン時代と比べても段違いなほど暇だった岡山の生活も結局体調がよろしくなかったのはストレスが原因だったんだなぁーと。(笑)

 

 

せっかく生きているのだから、しっかりと睡眠をとって起きてる時は楽しく生活したいなとより強く思った11月の生活でした。

 

 

 

 

ちなみに先月中頃から家を空けすぎて光熱費がよくわからないことに。空き巣はやめてね。

獣害問題とジビエフェス

こんばんは。オオツルです。

 

ちょっとしたお知らせです。

 

 

 

f:id:tsuru-52:20181118212051j:image

 

ちょうど1週間後に加西市で行われる

ジビエフェス。

 

 

フリーランス農家として様々な土地を訪れてお話を聞く中で中山間地域では必ずと言っていいほど問題になっている獣害という問題。

 

 

動物たちも賢いので柵を設置しても畑を荒らしてきます。正直僕の知識レベルだとどうしたら良いかわからなかったですし、とにかく駆除をしていくしかないのかなと思っていました。

 

動物の命を奪うわけですが、そうしなければ農村を守ることができず、生活が成り立たなくなってしまうわけです。

 

 

とりわけ都市部に住んでいるとそういう現状は全くといっていいほど入ってこないです。

 

自分が口にするものがどういう状態で生産され今自分の目の前に来ているかを考えることもほとんどないとは思うんですけど、ふと考えてみたときに、山間部ではこんな現状もあるのだと知って応援してくれた上でこれから食べるであろう食べ物たちを食べて欲しいなと個人的に思ったり。

 

 

そしてジビエは美味しい。

新鮮な肉はやはり格別です。

 

 

美味しいという言葉から連想することはだいたいポジティブな要素が詰まっているので、美味しいを体感することで生活が少しでも豊かになったりするのかなぁとか考えていますけど、そんな思いも持ちながら畑に行ったり農家を支援する活動をしたりこれからも続けていきたいなと思います。

 

 

うどん巡り in 香川

 

先月末に香川県でうどん巡りツアーを

密かに決行してきました!!

 

集合時間の5分前、

お手洗いで財布を置き忘れる失態をかましたけど、なんとか4軒まわることができました。

 

 

山越→がもう→なかむら→竹清

という順序で回りました。

 

 

https://www.instagram.com/p/BpmCccHHXcV/

釜玉うどん 250円釜玉うどん元祖の地、山越うどんへ。高松から向かったので山は越えてませんがすべての釜玉うどんはここに通じています。美味しいし安いので香川っていいところだなと思いました#小並感アクシデント満載の讃岐うどん巡りその1です。#うどん #釜玉 #釜玉うどん #山越うどん #山越 #香川 #讃岐 #さぬきうどん #うどん県 #うどん旅 #生卵 #たんぱく質 #ネギ #udon #kagawa #sanuki #shikoku_trip #japan #noodles #麺スタグラム

 

 

https://www.instagram.com/p/BpnUqkWA20K/

かけうどん 150円讃岐うどん巡りその2 もっちりした麺と美味しい出汁の有名店。細い道をくぐり抜けて到着したら平日の昼間に大勢の人が立ち食いしていました。日本の未来は明るい#うどん #さぬきうどん #香川 #讃岐うどん #udon #がもう #四国旅行 #うどん県 #うどんツアー #セルフサービス #麺スタグラム #shikoku_trip #noodles #japan

 

 

https://www.instagram.com/p/BppDbI2HUyU/

かけうどん 220えん柔らかめのうどんに美味しい出汁が個人的に大ヒットでした。うどん巡りツアー その3うどん屋にいた猫がかわいくて癒されたおまけつき。#うどん #さぬきうどん #うどん県 #なかむら #かけうどん #讃岐うどん #麺スタグラム #四国旅行 #shikoku_trip #猫 #ねこ #ネコ #cat #udon #kagawa #丸亀 #飯山 #japan

 

https://www.instagram.com/p/BpqbSP4n1_V/

ちくわ天とうどん(温) 240円入店後即座にちくわ天か半熟玉子天かの選択を迫られ、ちくわを選択。揚げたての天ぷらとうどんを堪能。うどん巡りその4です#うどん #うどん巡り #うどん県 #ちくわ天 #ちくわ #揚げたて #ぶっかけうどん #讃岐うどん #麺スタグラム #香川県 #香川 #高松 #高松ランチ #shikoku_trip #四国旅行 #takamatsu #japan

 

どこのうどんも美味しかったんですけど、

なかむらのうどんが讃岐うどんだけれども

少し柔らかめで優しい味がしたので

今回のMVPとしておこうと思います🤤

 

 

f:id:tsuru-52:20181106085127j:image

 

ちなみにお財布は警察署に届いておりました。

 

なくしたものの大切さを もう一度光にあてて輝かせたいですね〜 ということで早く新しい財布が買えるように頑張りたいと思います。